ボヘミアンラプソディを見て!秘かな願いはチャンミンにQueenの曲を歌って欲しい!

昨晩、今世界的に大ヒット中の映画『ボヘミアンラプソディ』を見てきました。
そうそう、チャンミンも数日前に見たようで、もちろん見ようと思っておりましたが、チャンミンが見た映画と言うことで、見る時期は早まった気がしていますが・・・。

結論!本当に良かった!

この映画はフレディの伝記映画として見るべきかな?と思います。
そして、この映画をただの音楽映画として見ると、面白くないかもしれません。

もうフレディ・マーキュリーは他界していますので、彼が生きていた時のQueenを知っている人と、知っていない人との間には、見る感想の温度差があるかもしれません。

ですが、やはりQueenの今まで疑問に思っていた独特の不思議な音楽観が、この映画を見たことでクリアになりました。

それから、音楽って凄いなと思ったのは、この時代の背景をQueenの曲が映画で流れてくると、色々な思い出が蘇ってくるのです。

フレディ・マーキュリー時代のQueenに出会うことが出来なかったチャンミンが、どういう感想を持ったのかとても気になるところです。

でも、ミュージシャンでアーティストである彼は、絶対にQueenの曲を何度も聞いているはず!
何時か、映画の感想と、なんと言ってもQueenの曲をチャンミンに歌って欲しいなんて、秘かに願っています。

そうそう!ヴォーカリストって、凄くセンシティブな仕事で、歯を一本抜いても声に影響する可能性があるってことも、この映画を見て分かりました。

最近の歌手は容姿重視で、見た目ばかり気にして、簡単に顎や鼻を美容整形で美しく整えています。それって、歌手と言う仕事の本質を分かっていない。つまり、プロじゃないんだなって思ってしまいました。

フレディは、自分の声が変わってしまうことを恐れて、少し出ている前歯を矯正することを絶対に拒んでいたそうです。その拘り、なんだかその拘りに凄く心打たれました。

Please follow and like us:
error

チャンミンとFreddie Mercury

お久しぶりです。
色々書きたいこともありましたが、ここで書かない方が良いであろうトピックも最近多く、敢えてこのブログでは、そういった複雑な話題はメールマガジンで書いています。興味のある方は、メールマガジンを是非登録してみてください。

と話はガラっと変わります。

なんとチャンミンがBohemian Rhapsodyをインスタグラムでアップしていました。
チャンミンもQueenを聞くのかと思ったら、なんだか妙に嬉しくなりました。

Queenを知ったのは、本当に遠い昔のことです。まだ幼かった私は、英語の歌詞の意味も分からないのに、この不思議な旋律とフレディ・マーキュリーと言うボーカリストの歌声に魅了されてしまったのです。

残念なことに、フレディは、1991年11月24日まだ45歳と言う若さで、エイズで、あっと言う間この世から去ってしまったのです。凄く悲しかったことを覚えています。

とにかく、私は昔からQueenが大好きで、レコードもCDも沢山買いました。
フレディの作る曲は、彼の生い立ちも関係してか、不思議な旋律が多いのです。そして、何よりも彼の声!
Queenのファンであれば、誰もが、彼のヴォイスに魅了されていました。

フレディ・マーキュリーと言う男は、作詞作曲のみならず、衣装もデザインしていました。
そのような多彩な才能と絶対的なカリスマ性に溢れていました。

しかし、自分の生い立ち(インドで育ったこと)、少し出っ歯な風貌、エスニックぽさなどに、コンプレックスであったと言われています。ロックとインドで育ったことはイメージ的によくないと考えていたようで、フレディは、生い立ちについては隠していたようです。

時代も違うし、本物のフレディ・マーキュリーを知らないチャンミンが、Queenに興味を持つことは、何も不思議なことなんてありません。だってチャンミンは、ミュージシャンなんですもの。チャンミンが、この映画を観たことに、なんだか嬉しい気持ちになりました。

そして、

もし、夢が叶うならチャンミンに「ボヘミアン・ラプソディ」を歌って欲しい。
いやいや、たった一曲なんてけち臭いこと言わないで、Queen の Somebody To Love も I Was Born To Love You 是非是非チャンミンに歌って欲しい!

まだ、私もこの映画観ていません。近々に観たいと思っています。

View this post on Instagram

다시 또 엄청 듣게 생겼다….👍🎶

@ changmin88がシェアした投稿 –

Please follow and like us:
error