昭和のスーパースター・ショーケンの訃報を聞いて・・・

おはようございます。
またまたブログ更新が滞っておりました。

そして、悲しく寂しいニュースが飛び込んで来ました。

平成と言う時代が終わる数日前に、昭和のスーパースターであるショーケンこと、萩原健一さんの訃報を聞くことになってしまいました。若い世代の方には、ショーケンは俳優でありながら、ミュージシャンであったことを知らない人も多いのではないでしょうか?

ショーケンは、70年代グループサウンズ、テンプターズのメインボーカルで一躍アイドルになりました。
テンプターズ解散後、ライバルグループのメインボーカルをしていたジュリー(沢田研二)と新しいグループ・PYG(ピック)を作り、PYGは、商業的には全然駄目だったんです。でも、今聞くと、ジュリーの甘い声と、ショーケンの太い声の調和に、思わず聞き入ってしまいます。

花・太陽・雨。
名曲だと思います。

その後、ショーケンは俳優業でも活躍するものの、数多くのスキャンダルと数回の逮捕などがあった波乱万丈な人生でした。しかし、そんな山あり谷ありの人生でも、彼の才能は尽きることなく、最後まで芸能界の一線で活躍しました。

天才だったと思います。

彼の俳優としての人気を確実にした作品が、水谷豊と共演した「傷だらけの天使」でした。
懐かしい限りです。

ジュリーやショーケンが、全盛期・・・私は、幼く、でも従姉妹がジュリーを大好きで、何時もグループサウンズを聞かされていたのを、思い出します。

また、昭和の大スターが星になってしまいました。

それにしても、花・太陽・雨 を東方神起がカバーしたら、どんな感じになるんだろ?とか想像したりしています。
結構良い感じになるような気がします。

ショーケンは・・・永遠にカッコいい。
ご冥福をお祈りいたします。

Please follow and like us:
error

YOSHIKIさん!東方神起のために曲を作ってください!

本当にご無沙汰しています。
久々の更新で、話題は東方神起じゃないんだけど、今超話題になっている曲!YOSHIKIとHYDEがコラボしたアニメーション映画『進撃の巨人』のオープニングソング「Red Swan」!この曲が凄い壮大で良い曲なんです。

YOSHIKIと言えば、東方神起も尊敬するミュージシャン。
そして、今回のYOSHIKIがボーカルに選んだ人が、なんとラルクのHYDEさん!

ちょっと凄いコラボだと思いませんか?
HYDEさんの甘いセクシーなボーカルは、TOSHIさんのボーカルとはまた違い良い感じなんですよね。

なんでも、巷ではTOSHIKIさんとTOSHIさんが喧嘩したとかしないとか・・・。
でも、彼らは幼馴染でよく喧嘩するんだそうです。とにかくX-JAPANの解散とかがなければ、たまの仲間同士の喧嘩意見の違いは、言いたいことはちゃんとお互いに吐き出せば自然に解決するものだと思います。
とにかく、X-JAPANの解散なんてことに繋がらないことを祈りますが、

とにかく、この曲が良いんですよ。
やっぱり、日本のロック界を牽引する2人の作り出した「Red Swan」!素敵過ぎます。

あぁ~YOSHIKIさんに東方神起へ楽曲提供、マジでお願いしたい!
お願いします。本当に嘆願書とか送りたい!

Please follow and like us:
error

ONE OK ROCK | Wherever You Are

I’m telling you
I softly whisper
Tonight tonight
You are my angel

愛してるよ
二人は一つに
(Aishiteru yo
Futari wa hitotsu ni)
Tonight tonight
I just say…

Wherever you are, I’ll always make you smile
Wherever you are, I’m always by your side
Whatever you say, 君を思う気持ち
(kimi wo omou kimochi)
I promise you “forever” right now

I don’t need a reason
I just want you baby
Alright alright
Day after day

この咲き長いことずっと
どうかこんな僕とずっと
死ぬまで
(Kono saki nagai koto zutto
Douka konna boku to zutto
Shinu made)
Stay with me
We carry on…

Wherever you are, I’ll always make you smile
Wherever you are, I’m always by your side
Whatever you say, 君を思う気持ち
(kimi wo omou kimochi)
I promise you “forever” right now

Wherever you are, I’ll never make you cry
Wherever you are, I’ll never say goodbye
Whatever you say, 君を思う気持ち
(kimi wo omou kimochi)
I promise you “forever” right now

僕らが出会ったひは二人にとって
一番目の記念のすべき日だね
そして今日というひは二人にとって
二番目の記念のすべき日だね
(Bokura ga deatta hi wa futari ni totte ichiban me no kinen no subeki hi da ne
Soshite kyou to iu hi wa futari ni totte niban me no kinen no subeki hi da ne)

心から愛せるひと
心から愛しいひと
この僕の愛の真ん中には
いつも君がいるから
(Kokoro kara aiseru hito
Kokoro kara itoshii hito
Kono boku no ai no mannaka ni wa
Itsumo kimi ga iru kara)

Please follow and like us:
error

ワンオク・2018 Ambitions Tour Live ソウル公演

ワンオクのソウル公演が、つい2日ほど前にありましたね。
どんな感じだったのか、ちょっとYOUTUBEで映像が上がっていないかチェックしてみました。
そうしましたら、あったあったっ!

韓国でワンオクがどの程度人気があるのかは、全然皆目がつきませんが、この映像を見る限りでは、熱狂的なファンはどの国にもいるようです。

チャンミンが最近注目しているグループが、ワンオク!なんてことを言っていましたので、チャンミン君はワンオクのライブへ行ったのかしら?とか、そして、ちょっと高慢ちきなタカ←(笑)とお話したのかしら?とか・・・。色々妄想しています。

そして、私も去年NYのワンオクのライブへ行った時のことが、鮮明に蘇って来ました。
凄く歌も英語も上手くって、音楽も良かったんですけど、あの熱気でライブ会場に席がない(つまり立ち見)ほど辛いものはなかった。(笑)もちろん、東方神起の場合も殆どの場合は立って見ていますが・・・。でも、席がある安心感と席がある空間は、自分の場所であり、邪魔されないわけで、この席がある保険は重要です。

でも、ワンオクのライブ会場(NYでのことですが)席がないから自分のパーソナルスペースが、確保出来ないんです。
あれは、マジでマジで辛い!で、またオーディエンスが10代から20代・・・その若い熱気で、マジで死ぬかと思いました。(笑)実のところ、途中でめまいがして、途中、周りの空気が薄くなって・・・ぶっ倒れる寸前でした。

それでも、また懲りずに、今度は席の確保された、贅沢な環境で、日本で行なわれるワンオクのライブを見たいと、言う気持ちに、この映像を見て思いました。

ソウル公演では、メンバーがかなり韓国語でMCをしたりと、ファンサービスしている感じで、やっぱり海外のファンを惹き付けるための、このちょっとした現地の言葉で挨拶したりすることって大切ですよねぇ。

そう考えると東方神起は、完璧ですなっ!外国人である彼らが、多くの日本人を惹き付ける為の努力が、彼らの大きな強みなんだと、つくづく、なぜかワンオクのソウル公演の映像を見て、改めて思うわけです。

タカのお立ち台が・・・可愛いっす!

Please follow and like us:
error