東方神起分裂から8年・・・前を向いて歩いて行って欲しい

東方神起の元メンバーであったジェジュン氏が、最近日本でソロとしてメジャーデビューしました。
精力的に日本のバラエティー番組、音楽番組、ラジオなどなど出演する中、自身のシングルCDが発売され、それと平行してライブーツアーも行っているようです。

そして、

そのライブで、ジェジュン氏が東方神起の曲をメドレーとして歌ったことで、東方神起ファンの中で波紋をよんでいます。

その事に関して・・・・・・・・・
まず、私の思いを素直に書いてみますね。

でも、これは私の思いであって、みなさんの考えた方とは違うかもしれません。
その点は、ご了承いただいてお読みください。

その前に、東方神起と言うグループの歴史を振り返ってみたいと思います。

東方神起は、2004年に韓国で生まれました。2009年7月ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こしました。その後、2010年4月5人での活動が無期限休止されました。

ユノとチャンミンは、東方神起を作り上げたSM以外で活動するつもりはないとして、3人に復帰を呼び掛けをしましたが、3人は訴訟を取り下げることになるので、ユノとチャンミンの要求を聞き入れず、SMと、そしてユノとチャンミン、そして東方神起と決別しました。同じ年の11月から、3人は独自の活動を開始しました。

その後、3人はエイベックスと独自に契約をし、新ユニット「JUNSU/JEJUNG/YUCHUN」を結成しました。そんな将来の約束された3人とは対照的に、SMに残留したユノとチャンミンは暫くの間、表舞台から消えてしまいました。

しかし、順調に行くはずであった3人の日本での活動も暗雲が立ち込めました。新所属事務所の代表者の前科を、エイベックス側がコンプライアンス上の問題とし、JJYと言うユニットも2010年9月をもって休止することになったのです。

3人は2010年10月にグループ名を改め「JYJ」として韓国で活動を始めました。
SM側は、その時に3人がSMに戻る意思がないと判断し、5人での東方神起の活動を断念しました。

一方、ユノとチャンミンは、2010年11月に、2人だけで東方神起の活動を再開することを表明しました。一旦3人側に付いていたエイベックスも、SMとの関係を再構築し、2人となった東方神起の日本での活動を支援することを表明しました。

2011年1月、東方神起は、韓国で「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) に回帰した曲『Keep Your Head Down』を、日本でも、同じタイトル曲の日本語版シングル「Why? (Keep Your Head Down)」を発表し、新たな活動を始めました。

この2人だけで東方神起の名を使うということに関して、JYJの3人は事務所を離れたとはいえ、僕たちもまだ東方神起であるとして遺憾を表しました。その時、ユノとチャンミンは、JYJとSMの対立が解消されるまで待っていたら、サイクルの早い韓国では、東方神起と言うグループを忘れられてしまう。誰かが、グループを守らなければならないと、2人での活動再開の事情を説明しました。

また、その時、チャンミンは「群れを離れた渡り鳥が、今でも群れの中にいると言う道理はおかしい」とコメントしています。

その後は、ユノとチャンミンは2人の東方神起として活躍し続けているのです。
そして、先月に日産スタジアムで、アーティスト史上初の3日連続公演を開催し大成功を収めました。
このツアーの総動員数は、海外アーティスト史上最多の約100万人になりました。

JYJの3人のうち、ジェジュンとユチョンが除隊、ジュンスが現在兵役中です。
なぜか?ジェジュンは、もう既に除隊しているユチョンと一緒に芸能活動はせず、今回の日本での再デビューはソロとしてなのです。

JYJは、一体どうなってしまったのでしょうか?
と言う話は、ちょっと横に置いておいて・・・

簡単に説明すれば、こういう歴史を持ったドラマティックなグループが東方神起なわけです。

今回のジェジュンのツアーで、ジェジュンが東方神起の曲を歌ったことは、著作権を支払って歌っているのだから、法的にはなんの問題もないわけです。ただし、こういう経緯のあるグループの当事者として、今回は、裏でコソコソ日本活動をしているのとは、大きく違い。正々堂々と日本でメインステージ(地上波テレビ出放題、コンサートだって出来る)で活動できるのですから・・・・・・・。

今更、元在籍していた、しかもファンの間で、問題提起されそうな東方神起の歌を、自分の新しい門出のステージで歌わなくても良いのに、と思いました。

最近、こんなツィートを見ました。多分、ジェジュンのファンの方だと思います。

JYJの3人が訴訟を起こして和解したことで、今のユノとチャンミンのSMでの待遇も変わったんだから、恩恵をうけているじゃないか。と言う内容のツィートでした。

私は、それを言ってはいけないと思いました。

なぜならば、それは結果論であって、ユノとチャンミンは、JYJが訴訟で和解する前から、SMに残留することを決めていたわけで、ユノとチャンミンも、JYJとSMの裁判で、司法判断の結果なんて分かるはずもなく・・・それでも、SMに残留したユノとチャンミンも恩恵を受けていると言うツィートは、大変、ユノとチャンミンに失礼だと私は思います。

実のところ、ユノとチャンミンは、2009年の紅白歌合戦の後、次のスケジュールが何もない状態で、本当にポーンと当てもなく放り投げられたボールの様な状態でした。

東方神起が存続できるかも・・・芸能人として生き残れるかも・・・。

その様な状態から、2人で根性だして2人の東方神起を再構築したのです。
本当に、本当に涙無くして語れません。彼らの努力。

本当のことは、当事者5人しか分かりませんし、当事者のユノもチャンミンも多分、絶対に私たちに語ることはないでしょう。そして、その当事者も訴訟を起こした人と、残留を決めた人では見解が違うであろうし・・・。
だから、真相なんて分かりません。

でも、そんな事はどうでも良いのです。
今の東方神起が、立派に活躍をしているのですから。

そして、JYJの3人の事もリスペクトしています。
巨大な企業を相手に、戦ったわけですから。

だから

ジェジュンに言いたい。

もう、東方神起とは決別しようよと・・・。
東方神起の歌は歌わなくても大丈夫だから。

なぜならば東方神起は、ユノとチャンミンが立派に継承するから、そして守るから安心して欲しい。

ジェジュン・・・貴方には、貴方の歌える歌が沢山あります。
大好きなラルクの曲だってあるじゃん。

ジェジュンには、(ユチョン、ジュンスにも同じことが言えます)東方神起を遠くから見守って欲しい。
過去を振り返らず、前を向いて歩いて行って欲しい。

Please follow and like us:
error

東方神起とJYJの歩んだ7年間の道

凄く共鳴するブログを見つけましたので、是非読まれたら幸いです。丁度久しぶりにJYJの事にも触れた記事を書きましたので・・・。

特に、この文章に共感しました。

一方、メインヴォーカルを失った東方神起は、二人だけで作り上げる新たなグループ音楽の世界の構築に徹している。

5人時代のグループ音楽を捨て去り、全く違う形の東方神起を作り出した。

彼ら二人の特性を生かし、今までと全く違う形を作り上げてきている。

彼らは、グループ音楽を作り上げる為に何が必要で何を捨てなければならないのか、ということを、5人時代の経験から感覚的に身に付けているのだと思える。

だからこそ、グループ音楽のためには、個の欲望を捨て去ることが出来たのだ。

東方神起音楽から見たJYJの崩壊

Please follow and like us:
error

東方神起とJYJの雲泥の差

久々に、東方神起とJYJのことを書いてみました。

と言うのは、ディリー新潮の記事を読んで色々思うところがあり自分なりの思いをメルマガ・東方神起と徒然 で詳しく書きました。

あの分裂騒動から、もう7年の月日が経ってしまいました。あの時の3人に対する憎しみは、今でも抱えているトンペンは少なくありません。

しかし、ユノのチャンミンの努力で東方神起と言う重い看板を背負ってくれた、2人には感謝の気持ちと尊敬の気持ちで一杯です。

彼らの努力は、3人への憎しみを浄化してくれています。東方神起がもっともっと成功すれば、するほど憎しみは浄化される・・・そんな気がしてなりません。

元東方神起のメンバーの人たちには、それぞれで頑張っていただきたいと、心から願うばかりです。↓こんな記事を書かれてしまったこと・・・残念です。

東方神起とJYJの格差が決定的に――「明暗」の主犯はユチョン

 

Please follow and like us:
error

チャンミンとシウォン所属している義務警察制度を2023年度までに、完全に廃止する方針を固めた

とうとう、やっぱり、あぁ~と言うため息が漏れそうな衝撃的なニュースが、韓国また日本のメディアからも流れてきました。

韓流スターやK-POPアイドルたちの兵役受け皿だった「義務警察」が廃止される背景

なんだかなぁ~と言う虚しいニュースです。

韓国語分かる方じゃなくても、映像を見ているだけでお分かりになると思いますが、下記のようなことを美人のアナウンサーは伝えています。(GOOGLEの翻訳機で翻訳しています。)不本意ながら、健全で真面目で、謙虚に、一生懸命に、幼稚園、小学校、中学校、高校、病院などなどで、汗臭い着ぐるみをきたり、演歌を歌ったり、踊ったり、太鼓叩いたり、もうなんでもありのパフォーマンスをして、人々の癒しになっていたチャンミンとシウォン・・・。

この映像で、一緒こたにされるのは、大変遺憾です。

あっ!それからJYJジュンスも映像の中に出てきます。

嫌な感じですねぇ~。来月はチャンミンとシウォンが義務警察から転役すると言う、お目出度い時期に・・・。

 

ビッグバンのトップなどの議論に「芸能義警」来年から廃止

[アンカー]

ビッグバントップの大麻喫煙など、いわゆる「芸能義警」の問題で苦労し警察が、​​来年からは芸能義警を選抜しないことにしました。

2023年までに義務警察を段階的に廃止することにし、芸能義務警察が最初の対象になったのです。

バクヒョジョン記者です。

[記者]

義務警察に服務中のトップは、入隊前大麻を喫煙した疑いが明らかになり、20日、裁判所で懲役10月に執行猶予2年を宣告しました。

トップが属していた警察のバンドは、警察広報団と共に、芸能兵士廃止以降芸能人の兵役手段として大きな人気を集めてきました。

現在、警察広報団に所属している芸能人は、スーパージュニアのチェ・シウォンと東方神起シム・チャンミン、JYJキム・ジュンスなど計6人。

警察は、これら最後に、来年からは芸能義警を選抜していないことの方針を立てました。

国政企画諮問委員会の計画に基づいて、警察は、現在、2万5千900人である義務警察を段階的に減らし、2023年までに義務警察すべての全域で廃止させる計画、そして芸能義務警察が一番最初の対象になったのです。

警察関係者は、警備など義務警察の固有業務と大きく関係ない広報団などの人員をまず減らすと説明しました。

芸能義警が警察広報に有用な側面もありますが、トップ大麻喫煙に加え、兵役回避窓口という議論まで重なり、廃止方針を固めたことが分かりました。

また、野球団とサッカーチームなどの義務警察スポーツ団も、優先的な廃止対象に検討しています。

警察は、義務警察の空白を埋めるために、警察公務員を少なくとも1万人以上を新たに補充しなければならと見ています。

聯合ニュースTVバクヒョジョンです。

動画は、聯合ニュースTVからお借りしました。

Please follow and like us:
error