チャンミンのミニソロアルバム(Chocolate)が発売!

少し遅くなりましたが、チャンミンのミニソロアルバムが発売されましたね。聴きました全部、凄く良いですね。まず、リード曲のChocolateと言う曲が、ダンス曲で良い意味での期待を裏切ってくれました。チャンミンと言えば、バラード曲なのかな?と言う固定観念ですね。その固定観念を完全に崩壊させてくれました。

とにかく、私がウダウダ言うこともないくらい、凄くスタイリッシュでカッコいい曲で、大のお気に入りです。ここで、言うのもなんなんですが、ここ最近、日本で発売されたバラード曲が、どうしても好きになれなくて、東方神起の良さを100%引き出せない、ここ最近の楽曲に満足していなかった私としては、大満足の曲たちで本当に嬉しいです。

一言だけちょっと残念なのが、今この時期にチャンミンの初めてのミニアルバムをリリースしなくてはいけなかったのが、なんだかなぁ~と思ってしまうのは私だけじゃないと思います。でも、この時期だから(何時も忙しくて、最近、東方神起の曲を聴く時間がなかった私としては)チャンミンの声で、本当に癒されていますね。

それから、楽曲の素晴らしさは当然のことながら、今回の衣装もヘアーの色も素敵!個人的にチャンミンは、やはり少し長めの髪の毛が良いと思います。(笑)まぁ~ね。チャンミンがするヘアースタイルは、何をやっても素敵なんですけど、でも、前髪はオールバックにしない方が好きなんです。(笑)

↑中毒性のある、良い感じのテンポで聞きながら、体が動いてしまいます。MVを見ながら書いてますが、チャンミンって本当に足細くて長いねぇ~。スタイルが良すぎるんですけど。

↑この動画が好きすぎます。この耳元で囁かれている錯覚に陥りますね。(爆笑)

↑こちらの動画が今一つよく分からなかったのですが、AI NEWSって言うタイトルでしたが、チャンミンのこと言ってましたので、ここに貼っておきます。

それから、最後の動画は超私の大好きな「Piano」って曲です。超セクシーなんですが、チャンミン フフフっ!

↑この曲の翻訳をしてくださった方がいましたので、ちょっとお借りしましたが、↓この歌詞もの凄く意味深なんですけど(笑)つまり、もうチャンミンはバイバイしたのかしら?オホホっ!↓↓↓

久々に、本当にチャンミン祭りになってしまった。

KPOP要素たっぷりの「JO1」

昨日、凄く面白い記事を見つけました。マネジメントからクリエイティブまで、K-POP的要素はエンタメにおける成功例に? JO1、UNINEらから考察 と言う記事なんですけど、元々韓国であったオーディション番組の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」選ばれた11人の男の子たちのグループがデビューしたのですが、2月16日にリードトラック「無限大(INFINITY)」のMVがYouTubeに公開したのですね。それで、すでに500万回以上の再生数になっていると言うから、聞いてみたのですが、これが、ビックリ!このグループが全員日本人のグループとは、思えないくらいKPOPなんですよ。(笑)

それで、このグループの所属は、なんと吉本興業と韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる合弁会社のLAPONE ENTERTAINMENTなんです。

凄いなって思うのが、KPOPは完全にBTSによって世界のメインストリームでKPOPカテゴリーを作ったこと、今やKPOPは世界でサブカルチャーではありません。間違いなく、メインストリームに踊りでました。次のBTSを目指して、多くのKPOPグループがアメリカで凌ぎを削って頑張ってはいますが、BTSに追いつくまでになっていないが現実です。SuperM も NCT も今一です。

でも、BTSも時間の制約があります。それが、兵役です。だから、BTSが活動休止になった時が、他のKPOPグループが次のBTSになるチャンスかもしれませんね。

そして、日本のKPOP化したグループがここ最近沢山出てきています。例えば、1月にデビューしたジャニーズ事務所所属のSixtones とスノーマン、そして、このJO1、全てのグループの共通点がデビューと同時に完成度の高いアイドルだと言うこと。歌って踊れる。

このグループに関しては、パフォーマンスをしているのが全員日本人ですが、TWICE、BLACKPINK、BTS・SUGA、SHINee、EXO・ベクヒョン、NCT 127などを幅広くプロデュースする韓国のA:WE Design(OK Shin)がMVを制作担当。

ここで自分に問いたいことは、アジアのアイドル業界は、KPOP化が成功必要条件なのか?

今は、まだその答えは出すことは出来ませんが、こうやって日本のグループがKPOP傾向にある事は事実で
り、ですから、このようなKPOP化した日本のグループが、アジアもしくは世界で成功した時に、その答えは出るのだろうと思います。

そして、最後に一言を付け加えさせていただきたいのは、そんなKPOPをJPOPを融合させて、今のKPOPが世界へ向けて活動が出来るようになったのは、東方神起と言う唯一無二グループがあったからと言うことを、それと、SMエンターテイメントの企画力を忘れてはいけない。(今ちょっとSM・・・落ち込んでいるような気がします。)

色々なKPOPやJPOPのグループが出てきていますが、私が初めて東方神起を見た時の驚きを今でも忘れることは出来ません。

地獄の扉を開けてしまったスンリ

スンリの事件のこと、メルマガで 東方神起と徒然(地獄の扉を開けてしまったイ・スンヒョン) 書きました。興味がありましたらLINK先へ飛んで、メルマガを登録してみてください。

色々これから、もっともっと出て来るんじゃないでしょうか?
スンリの事は、本当に氷山の一角・・・本丸まで、捜査は行くのか?大変興味深いです。

そして、YGの代表者であるヤン氏の行方は?
まだまだ、目が離せません。

SMTOWN IN Dubai結局全部見てしまったっ!

たまたま、仕事が休みでSMTOWNを最初から最後まで、見てしまいました。正直、自分の好きなアイドル以外は半分転寝なんかしてしまって、一生懸命パフォーマンスをしていたアイドルの方々、申し訳ありませんでした。

そして、もちろん私の推しは東方神起であり、そこまでの長い時間・・・色々なことをながら族的にYOUTUBEを見て、やっと最後に東方神起で、東方神起が出たと思ったりもう終わりで(笑)他のグループもそんなものだと思うのですが、自分の好きなグループは、異常に短いパフォーマンスに感じるのです。

ミロティック、ライジングサン、Whyでまた他のグループ挟んで、最後にThe chance of LoveでファイナルHOPEで終わりでした。あれだけの長時間延々に見て、たったの4曲かぁ・・・・・・。まっ!仕方ない。

今回、結構SMTOWNは、どんな感じになるか興味津々だった理由は一つ、SMTOWN初めてのアラブの国でのパフォーマンス!アラブの女の子達の反応を知りたかった。アラブの国と言えば、色々な制限があり特に女性の肌の露出は、大大大NG!

1971年にアブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラの各首長国が集合して、連邦を建国した国で、中東の中で一番観光客が訪れる国で、外国人には厳しい戒律を押し付けない珍しい国なのです。

通常ドバイの女性は、アバヤと言うアラビア半島の伝統的な民族衣装で、へジャプと言う被りものの黒い布で目と手足の先以外をすべて隠している衣装の着用しなければいけないのです。ただし、他のアラブの国のように外国人女性には、そのような服装を強制したりしないようです。

でも、現地の女の子達は、アバヤを着て・・・KPOPアイドルを見てキャーキャー黄色に声を上げていました。その光景が、かなり興味深いものでした。

だってね。KPOPの女性アイドル達のファッションたるや、他のアラブの国だったら逮捕されちゃうレベルの衣装を着て、それを見るアバヤ+へジャブ姿の少女達・・・・・・とっても不思議な光景でした。

私ね。このアラビア半島の女性の民族衣装って、とってもミステリアスで、だから、セクシーに見えないように被っているんだろうけど、セクシーに見えてしまうんです。(笑)

それにしても、KPOPの伝道(ミッション)の旅は、遂に、アラジンの魔法のランプの国の半島まで行ってしまいました。イスラムの唯一神アッラーも驚いているんではないでしょうか?

SMTOWNにとって、この中東での公演は初なんですが、実は既に中東でKPOP公演は、他のKPOPコンサートは2013年には開催されています。色々調べて行くと面白いことが分かりました。

韓国は、2000年初頭から国家戦略として韓流ドラマを世界中に普及しだしました。その時に世界中にばら撒いた韓国ドラマを見ていた中東諸国の母親が娘と一緒にKPOPアイドルを見るという仕組みを作りだしたようです。

特に、ドバイ、アブダビでKPOPアイドルが成功するのは、母親を取り込んでいるからだそうです。要するにお金を沢山使える中東のママと一緒の娘っていう構図です。この中東のファンの心を捕まえれば、韓国旅行もしてくれるDVDもCDも沢山買ってくれる、沢山のギフトも贈ってもらえる。(そう言えば、東方神起も中東にとんでもないお金持ちのファンがいるのを知っています。)

韓国と言う国は、何処へKPOPアイドルを注入するかで(戦略的)どれだけの収益が見込めるかちゃんと分かってやっているのですね。そのように戦略的にピンポイントでKPOPアイドル送り込み伝道、その結果が今大きく開花しているのです。

こういうところは、日本にない強かさなんですよ。
コンテンツを売り込むのは、本当に上手いんです。韓国という国は・・・。

2016年のKCONアブダビでの動画がありましたので、参考に見てみてください。大変興味深いです。

それから、国家戦略としての韓流 と言う2012年に吉田耕作教授が書かれた記事が、またまたかなり興味深いです。
こちらは、メンバーのみ公開記事ですので、東方神起と徒然 メルマガにご紹介いたしましたので、興味のある方は一読ください。

ピョンチャン冬季オリンピック閉会式

大変ご無沙汰しております。
とにかく、2月は忙しかったぁ~と言い訳しております。
何で、そんなに忙しいかと言いますと、先日もこのブログを通して告知させていただきましたが、UpLiveと言う新しいアプリで、ネイルのデモンストレーションとトーク番組を、一週間に4回持つことになり、それに追われ・・・アタフタしておりました。

UpLive (IOS)

UpLive (Android)

早いもので、2月ももう終わり、ブログの更新が怠っていましたこと、心よりお詫び申し上げます。

と言うことで、言い訳はこのくらいにして・・・ピョンチャン冬季オリンピックの閉会式見ましたかぁ~?
EXOとCLが出ていましたけど、なんだか寒々しい天井の無いメインスタジアムの真ん中で、ちんまり踊るEXOを見て・・・
うーーーーん。???

でした。

CLさんは、韓国のビヨンセ!?もしくは、韓国のジャネット・ジャクソンみたいで迫力ありましたね。人数は多かったEXOより、CLさんの方がインパクトあったように感じました。好き嫌いはべつとして。

韓国は、国家戦略的にやはりKPOPコンテンツを、世界へ向けて輸出することを念頭においているんでしょうね。
でも、KPOPは子どものものと言う括りもあって、老若男女の幅広い年齢層が、楽しめる文化が日本のように充実していない感が、このオリンピックの閉会式を見て感じました。

そして、今回のオリンピックは政治的な側面を大きく、スポーツと政治は別という建前は完全に崩壊しました。そのせいか、なんだか私の中では盛り上がりに欠けたオリンピックでした。

ただただ、Yuzuru Hanyu の優雅で美しいアイススケートには、お金を出しても見に行きたいなと心底思いました。(笑)

追加:今UpLiveを、この上記のリンクからダウンロードしてくだり、アップルをフォローしてくださった方には、1000Ucoin がプレゼントされます。アップルのID: apple323tvxq でぇ~す!

SHINeeジョンヒョン出棺、悲しすぎます。

私は、SHINeeのファンじゃないのですが、東方神起の弟分として日本活動にも力を入れていたグループでありましたし、私と個人的に親しいチャミペンさんが、チャンミンの居ない間に、すっかりジョンヒョンの声に魅せられたと言っていましたので、SHINeeと言うグループは、私にとってファンではないのですが、身近なグループでした。

人間は、必ず死を迎えます。そして、人間には寿命と言うものもあります。人間は、この現世では、期間限定で生かさせられていると思うのです。その自分の生きる期間と言うのは、誰一人として分からないのです。それは、ユニバーズ(宇宙の真理)、もしくは神様が知るのみです。

人間の生と死の場所、時間、どのように、どうして、の選択の余地はありません。

ただし、自ら死ねことを自らの手で、選んだ場合は、自分で場所も時間もどのように、そして、どうしてが選択できます。残念なことに、ジョンヒョンは自らの意思で、死を選んでしまいました。なぜならば、心に大きな深い闇を抱えていたようです。その深い闇から抜け出すことが、自分の力で出来なかったようです。本当に本当に残念でしかたありません。

若い才能のある人の死は、悲しいのを通り超して・・・辛いです。心が折れそうです。胸が張り裂けそうです。

そして、残されたSHINeeのメンバーへかける言葉が見つけられません。

東方神起の2人も、心身ともにに辛い中、プロ根性を見せ、東京ドームでのライブに挑んだようでした。

このような悲しい辛い出来事が、起きないように心から祈ります。そして、ジョンヒョンが、天国で誰にも邪魔されず、幸せな気持ちで過すことが出来ますように、心から祈ります。

NYのSMTOWNで初めて見たSHINeeのメンバーは、まだまだあどけない男の子たちでした。

TWICE『紅白歌合戦』赤組出場内定!となると白組は『東方神起』!?

タイトル通り、K-POPアイドル出場は6年ぶり TWICE『紅白歌合戦』出場内定 だそうです。赤組にTWICEがでるなら、白組には当然・・・東方神起ですよね。

きっと内定しているのかな?どうなのかな?気になる気になる!

東方神起が出ることを前提に、私は12月31日は仕事は全面的にお休みをして、オンタイムでTVに噛り付いて、紅白歌合戦を見るつもりなんですけど・・・。(NYの、12月31日紅白歌合戦の時間は、31日の早朝です。)

TWICE『紅白歌合戦』出場内定

ジェフ・ベンジャミン氏のKPOPについて書かれているコラムが面白い

アメリカのビルボード誌のコラムニストのジェフ・ベンジャミン氏が書かれた記事が、なかなか面白かったので、ここでご紹介したいと思います。

彼は、元々JPOPを聞いていたそうなんですが、自分の好きなライターや評論家たちが、KPOPに注目していたことがきっかけで、ジェフ自身もKPOPを聞きだしたと言うことです。

彼が言っていたKPOPは「包括的」と言う言葉が大変面白いと、同時に興味深いと思いました。なぜならば、KPOPは何でもありだと言うことです。

確かに、今回のEXOのMVを聴くと、レゲエなんです。でも、レゲエなのにダンスはシンクロ群舞なんです。とっても不思議な世界です。これが、KPOPなんだと頭をカチ割られた気分です。←目から鱗とも言いますね。(笑)

この記事を読んで、アップルも何時ものメルマガ・東方神起と徒然(東方神起が愛される理由はGenuine(本物)だから)書いてみました。興味がありまりましたらリンク先へ

ベンジャミン:K-POPを定義づける特徴があるとすればとても「包括的である」ということでしょうか。K-POPは最大限にハードルが低く、それでいて幅広い音楽性を可能にするため、あらゆるジャンルの音楽や歌唱法、曲の構成、ビジュアル、振付、コンセプトをはじめとするたくさんの要素を包括しようとしていると思います。

米ビルボード記者に聞くK-POPの躍進 PSYから防弾少年団まで