SMTOWN Dear My Family (Live Concert Ver.) 動画公開・・・歌詞が虚しくリフレインします。

氷点下8℃の心も凍えるNYです。東方神起の2人は、京セラドームでのライブを無事終えて、一旦韓国へ帰国したようです。東方神起の2人は、次のライブまで少しお休みが取れるのでしょうか?とにかく、2人にとって2017年は、兵役明けて直ぐにライブと慌しい1年だったと思います。

そして、また2017年は予期せぬジョンヒョンとの永遠の悲しいお別れがありました。

そのような中、SMエンターテイメントは、SMTOWN Dear My Family (Live Concert Ver.) 動画を公開しました。

実は、この曲・・・2002年バージョンの動画が存在すると言うことも分かり、その動画も一緒にお借りしてこちらに貼ってみました。

2002年バージョンの動画を見ると、もう既にSMエンターテイメントに所属しないグループやアーティストたちがいます。そして、その頃の動画には、東方神起も少女時代もSuper Juniorも存在しません。私が認識できる今でもSMで活躍する人たちが2人・・・BoAとカンタです。

BoAとカンタはSMエンターテイメントを支えた功労者であり、だから彼らは理事なのだと、なんとなく納得してしまいました。

今回の動画はライブコンサートバージョンで、その前に2012年MVもあります、そちらには東方神起の2人が歌っています。そして、先日亡くなってしまった、元気だった頃のジョンヒョンの姿は、両方のMVにありました。

SMエンターテイメントがこの曲を今の時期に公開した理由は、やはり、ジョンヒョンのことがあったからかな?と思います。Dear My Familyと言う歌詞の中に、下記のような歌詞があります。

私の人生が終わるときまで この世界が終わるときまで
私たち永遠に一緒にいましょう

僕たちの前に絶望してしまった人々がいたら
また立ち上がれる大きな力になってあげなければならない
私と同じ家族の手が必要だから

ジョンヒョンがこの世界にいない今・・・この歌詞がただ絵空事のように虚しく聞こえ感じるのは、私だけでしょうか? 絶望してしまったジョンヒョンを、また立ち上げられる大きな力には、SMの家族はなれなかった・・・。


2012年バージョンのチャンミンパートをライブコンサートバージョンではキュヒョンが歌っています。

Dear My Family

僕が立つ場所が見つけられないとき 嵐の中で道を失ってしまったとき
いつも変わらない愛と勇気をくださった皆さんに感謝の気持ちを送ります
時には孤独に感じるときもあったでしょう
たくさん泣いた過ぎ去った日の僕の姿に
どれほど辛かったでしょうか 苦しかったでしょうか
やっと僕は分かってきたみたいです
私の人生が終わるときまで この世界が終わるときまで
私たち永遠に一緒にいましょう
小さな心集めて大きな力になるように 私たちはひとつということを信じています
私たち一緒に幸せをつくっていきましょう
困窮な世界の中で光になる日まで
愛しています

僕と同じ夢を見ているのですか 本当に僕と同じ場所を見つめているのですか
それだけが世界の黒い痛みを治すことができるのです
お互いに大切にすることができるのなら
僕の人生が終わるときまで この世界が終わるときまで
僕たち永遠に一緒にいましょう
小さな心集めて大きな力になるように 私たちはひとつということを信じています
私たち一緒に幸せをつくっていきましょう
困窮な世界の中で光になる日まで
愛しています

僕たちの前に絶望してしまった人々がいたら
また立ち上がれる大きな力になってあげなければならない
私と同じ家族の手が必要だから
小さな心集めて大きな力になるように 私たちはひとつということを信じています
私たち一緒に幸せをつくっていきましょう
困窮な世界の中で光になる日まで
愛しています

↓下記のバージョンは下記の人たちが歌っています。

カンタ BoA チャンミン(東方神起) ユノ(東方神起) イェソン(Super Junior)
テヨン(少女時代) ジョンヒョン(SHINee) ルナ(f(x)) D.O.(EXO-K) ベッキョン(EXO-K)
チェン(EXO-M) ルハン(EXO-M)

↑こちらが2002年バージョンです。

それにしても、SMのファミリー、家族、って言う感じがなんとも、胡散臭く、新興宗教ぽくって・・・時たま、なんとも言えない違和感を感じるときがあります。特に、ジョンヒョンの悲しい出来事の後には・・・。

でも、東方神起を見て・・・心を落ち着かせる自分があるんですよ。本当に・・・。

SM Famliyの動画を見て、つくづく思うことは、新しい年、2018年が東方神起の2人にとって良い年であること、そして健康で元気でいれること、SMがユノとチャンミンを大切にしてくれる事を、ただただ願います。

Please follow and like us:
error

コングロマリット化が加速するSMエンターテイメント!

先ほど、SMトラベルからメールが来ました。Twitterでもつぶやいていました。SMはどうやら、JUSTIN BIEBERと何らかの業務提携(←アジアだけ!?)したような感じです。とうとう、JUSTIN BIEBER までSMファミリー(!?)ですか?SMの野望は何処まで行くのやら・・・。

上記画像は、@SMTOWNTRAVEL のTwiiterからお借りしました。

それから、もう一つ面白い記事を見つけました。これまたSMエンターテイメントの記事です。

通信大手とSMエンタがタッグ ICTと韓流の結合=韓国

↑と言う記事です。

簡単に説明すると、こういう感じのことを目論んでいるらしいです。→SKテレコム(韓国大手通信会社)はSMエンタとの協力により、人工知能(AI)など、ICT(情報通信技術)とコンテンツの結合による価値の創出という、何だか分かりにくいコンテンツを作るらしいです。

で、どんなものになるのか?

1. SM所属タレントの声を使ったAIスピーカーを製作

2. SM所属タレントのロゴが入ったイヤホンを制作

AIスピーカーですって!どうします。こんな物をSMが作って販売したら、私は絶対に買うでしょうね。(クオリティーと私の想像に基づくスピーカーであればですが・・・)つまり、どんな物を私が期待しているかと言えば、今アマゾンで作られているAIスピーカーの声が、東方神起のユノとチャンミンになるってことを期待しているのです。このAI(人工知能)の凄いところは、学んで行くのです。

日本進出が決まったAIスピーカー「Google Home」、その強み

↑上記のリンク先の記事のようなALスピーカーの声がユノとチャンミンで、会話ができる!そんな代物を、SMが作ってしまったら、完全に私は、このスピーカーの虜になるでしょう。それで、帰宅時間が早くなるのでは?(笑)

その他にSMは、SM C & Cを通じてSKテレコムの子会社の広告事業を買収したんだそうです。それで、日本の最大大手広告代理店(今大変評判悪くなってしまいましたがっ!)電通を参考に広告ビジネスモデルを作るんですっと!

どんどんコングロマリット化が、加速しているSMエンターテイメントの今日この頃!ただし、SMは、凄くフットワーク軽くて素晴らしい側面、見切り発車も多く、途中で頓挫する企画も多いです。←これは正直な私の見解です。是非、このアイディアは素晴らしいと思いますので、絶対に途中で「や~めたっ!」って言うのは無しで、キム・ヨンミン総括社長さん!宜しくお願いしますですよ。

画像は、SKテレコムの朴正浩社長(右)とSMエンタの金英敏(キム・ヨンミン)総括社長(各社提供)=(聯合ニュース)からお借りいたしました。

 

Please follow and like us:
error

(更新)苦肉の策からの発想!?SMTのコントロールペンライト

SMTのコントロールペンライト問題は、未だスッキリしない感じですね。これは、私の思うところなんですけど、やはり単独公演ではないライブで、コントロールペンライトを導入するのは難しいと言う見解に至りました。

なぜならば

人間の心理として(ファンの心理として)自分が推しているグループが一番であると言うことを、世間的に強調する為、メディアへのアピールの為、そして、これだけ貴方の応援しているんだよっ!貴方のファンが1番多いんだよっ!と言うファンからのラブレター、愛のメッセージをどのように伝えるかっ!

その大事なメッセージを自分の好きなアーティストにライブ中に伝える方法、手段が、グループの応援色のペンライトの存在ですから、それを遠隔操作で応援色をコントロールされてしまうと、自分達の存在を自分の好きなグループのメンバーに伝えられない!つまり、自己否定!自分たち(ファン)の存在を無しの状態にされる。

そのような感覚になるのです。←これも私が思うところで、私はそう思いながらあの赤いペンライトを振ってました。

そのファンの気持ちを考えていない浅はかな企画側の思惑が、(応援色をコントロールして、あたかも、競争のない、みんな仲良しこよしのライブの企画)混乱を招いたように感じています。この企画って、もの凄く日本ぽいので、日本側からのアイディアではないのかな?韓国は、常に競争の世界ですから・・・。こういう和の発想にならないような気がしますけど。本当のことは分かりませんがっ!

あと、色々な色をだしてキレイにライブ会場を演出したかったと言う企画した側の考えも分かりますがっ!

応援色が、はっきり決定している其々のグループの応援を応援色ペンライト無しの演出は、コントロール不可能かと思いました。なんて言っても応援色への拘りは、アーティストもファンも思ったいる以上に凄いです。

このような演出は、単独ライブで発揮するのです。ねっ!思い出してください。あの日産スタジアムでの東方神起ライブをっ!

と私は、遠いNYから動画を見ながら思いました。何も、主催者側からのお願いを聞かなかったファンたちを擁護しているわけではありませんが、熱血感溢れるファンが多ければ多いほどコントロールするのは難しいと言うことです。そこのところを見通して、今後の合同ライブの運営にあたって欲しいものです。

前にも書きましたけど、ファンは諸刃の剣(つるぎ)だと言うことです。

それから、Twitterで流れて来るつぶやきの中に、ビギの自分勝手さとビギの暴走と、そんな身勝手なビギを恥ずかしいと思ったとか、ビギストに関してネガティブワードがありましたが、私個人の意見ですがっ!このくらいの熱さを持ったファンって凄いなって思うし、そういうファンの方が魅力的だとも思いました。

でも、もちろん人間として、そして社会人として駄目なことは駄目で、その見極めは大切ですよっ!どれが、良い事でどれが悪い事なのかって事は、賢い東方神起ファンはみんな自覚しています。

とにかく、ユノが転役して初めての海外公演がSMTで、そこでユノへのプレゼントとして真っ赤な海原を見せることが出来たことって、本当に素敵なことだったと思います。

東方神起 ユンホ、除隊後初の日本でのステージ…「SMTOWN LIVE」大阪公演でカリスマ性溢れる姿を披露

유노윤호, 전역 후 日 첫 무대 뜨거운 반응

▲ 유노윤호 ⓒSM엔터테인먼트 から画像はお借りしました。

↑この2枚の写真のユノが素晴らしく美しいので、ここに貼ってみることにいたしました。

******************************************

 

今日から2日間、SMエンターテイメントの恒例の合同ライブが始まりました。

なんでも、今回は自分たちが好きなグループのペンライトは持参するなっ!と言う注意事項があったようで、Twitterで、そう言われても持参する派と、決まりは守らなきゃと言う派が、自分の思いをツィートしていました。

ちょっと質問ですがっ!このコントロールライトという代物は、東方神起のコンサートの時のように、チケット代金に付いているもの?それとも、購入しなければいけないの?どっちなんですか?

もし、コントロールペンライトを購入しなければいけないのであれば、SMの思惑通り上手く遠隔操作ペンライトを使うことは難しいでしょうね。購入しない人もいるわけだから・・・。完全にコントロールしたいならば、チケット代金に含まれるという配慮が必要です。任意で購入でのコントロールは無理!

この遠隔操作でのペンライト案は、SMの苦肉の策だったように思います。

つまり、日本では完全に東方神起ファンが多いので、会場が常に真っ赤なオーシャンになる事を恐れての苦肉の策!?ファンが少ないグループがパフォーマンスをする時に、違うグループの色のペンライトで埋め尽くしている会場を目の辺りにしたら、白けるし・・・アウェイ感が半端じゃないからと言う、SM側からの優しい思いと、配慮でこうなったのかな?と思いました。

ただし、先ほども書きましたように、完全なるコントロールをしたいなら、東方神起のライブのように会場の椅子の上に、このコントロールペンライトをくっ付けて置くぐらいの配慮と、持ってけ泥棒的な太っ腹な気持ちじゃないと、会場の色をコントロールすることは難しいと思います。

この最後の最後に来て、遠隔操作用のペンライトを、ドサクサ紛れにファンに売りつけようと言う販売する側の浅はかな思惑は、それぞれのファンの気持ちを逆撫でる行為と見なされる・・・違うかな?

人間は、駄目と言われると、規則を破りたくなるもんなんです。←別にアップルは規則を破れとか言っているわけではありませんので、ご理解のほど!

とにかく東方神起ファンは、東方神起ユノの久しぶりの日本でのライブ、(遠隔操作のペンがあろうが無かろうが、ユノは真っ赤に燃える大海原を見ることになるでしょう。)大成功を祈っています。

SMTペンライト騒動勃発!?遠隔操作に賛否…自前OK?大阪京セラドームではグッズの列はじまる…

Please follow and like us:
error

東方神起ユノ日本へ・SMTOWN in Osaka

約2年ぶりにユノが日本へ来ました。今回は、SMエンターテイメント所属の歌手達が一同に、集まってライブをするイベントの為に、ユノは日本へやって来ました。久々の空港写真は、懐かしくもあり、なんだか不思議な気分になりました。

それよりも、久々の日本の地に降り立ったユノ本人は、どのような気持ちでいるのかな?

今度、日本へ来る時は東方神起2人が揃った時になるのかな?

SMTOWNへ行かれる皆様、どうぞ楽しんで、そして、「おかえりぃ~」と大きな声で叫んでユノを応援して来てください。

tv.never.com 

Please follow and like us:
error

王の帰還・東方神起ユノ(2017年7月SMTソウル公演動画)

日本の皆様おはようございます。

miho316203 さんがSMTで撮影された愛ある動画、素晴らしい編集によって美しいユノが映し出されています。アップルのブログにメモリーとして、貼らせていただきます。時系列で動画を貼りましたので、SMTでの臨場感が味わえるのではないでしょうか?

動画はmihoさんのYoutubeチャンネルからお借りしました。ありがとうございます。

それから、こちらの画像数枚↓もお借りしました。ユノのファンカフェの方が撮った写真ですが、プロ級の腕前、そして完璧なアングル、付け加えてもの凄い愛が感じられます。ファンが撮った動画もしくは写真は、世界的な有名な写真家でも敵いませんなっ!

宝塚の王子様のようなユノです。

Please follow and like us:
error

王の帰還・東方神起ユノ(メルマガ・東方神起と徒然・最新号配送)

日本の皆様こんばんは!アメリカの皆様こんにちは!

昨日「王の帰還・東方神起ユノ」と言うタイトルでブログ記事を書きました。

その続きを メルマガ・東方神起と徒然 で書かせていただきました。今回のミステリアスな事件を、アップルなりに検証し、なぜこのような事件が起きたのか?責任は誰にあるのか?このような事が起きうることなのか?SMTソウルで、ファンが撮った動画を見れば見るほど、アップルの脳裏には疑問だらけでした。

そんなアップル目線(何時もの疑い深いアップルの素直じゃない目線で)で自分のズボンを引っ張りだし、力一杯引っ張りして、擬似の現場検証なるものもして見ました。

Please follow and like us:
error

王の帰還・東方神起ユノ

日本のみなさん!こんばんわ。アメリカのみなさん!おはようございます。

昨日のSMTOWNで、王が帰還しました。そうです。東方神起のユノがオフィシャルに下界に戻って来ました。SMTOWNで、ユノはソロ曲(Drop)を発表しました。素直にユノカッコよかったです。衣装も王の帰還に相応しい(ただ、途中ちょっとしたアクシデントで王様のパンツは赤かったことが、庶民にバレてしまいましたが、それは、余興ということで・・・(笑)王様は、ここ一番の勝負パンツは真っ赤にしようと思っていたに違いありません。)

話戻って、

SMTOWNでファンが撮ったユノのファンカムを色々見ていました。そうやって動画を見ていると、色々なことに気がつく自分がありました。まず思ったこと、東方神起は完全にSMエンターテイメントの中で、別格な存在だと言うことが分かってしまいました。

それは、良い意味でも、また悪い意味でも別格だと思いました。

このSMの歌手達で構成される、このイベントの方向性のせいなのか?なんだか以前の盛り上がりきれない(最初に見たSMTOWNとは、異質なものになって来ている感じ←個人的見解ですがっ!)イベントになった感があるように、感じたのは私だけでしょうか?とにかく、昨日のSMTOWNを見ると、なんだか以前のようなグループ同士のコラボレーションも殆どなく、それぞれのグループの発表会のような詰らない演出になっていました。

それぞれのグループのセットリストも、平等ではない。←ただし、これは分かります。マネージメントが今の推しメンが中心になることは仕方のないことだと思いますが、これが、あまりにもミエミエだと、推しメン以外のグループが見たくてSMTOWNに出向いているファンの客足は、どんどん減って行くでしょう。これを分かってのSMTOWNであれば、私は何も申しませんが、一部のグループのファンの集客力に頼っているところがあるのであれば、企画構成を考え直すときではないのかな?と思いました。

まぁ~今回の王の帰還のユノの演出にも、文句はありません。威厳と荘厳の中に王がミステリアスに椅子に座っている演出は、まさに、庶民のアイドルとは違うんだ!と言うメッセージだと私は思いました。

だから、東方神起の存在は、他のSMのタレント達とは異質なのです。そういう、庶民的ではないイメージを2人の東方神起になってから現在に至るまで、保ってきたので、このコンセプト(このコンセプトで2人の東方神起は成功しました。)を変えるのは得策ではありません。

だから、SMTOWNのような庶民のアイドルのイベントに出演する東方神起に、もの凄く違和感を感じるのです。東方神起は、正直・・・あのイベントの客寄せパンダでいる必要がない。そう思います。他の庶民アイドルグループの方々に頑張っていただくことが、良いのではないかな?と勝手に、でも真剣に思いました。

それと、エンディングでユノを囲んで立っていたSuper Juniorのいイトゥクとイェソンの白けた顔が、とっても印象的でした。Super Juniorも今色々な問題を抱えています。そして、SMTOWNで見た青いペンライトの少なさに現実を目の当たりにした?のかな?と韓国芸能界の旬は何かを突きつけられた感じがしました。Twitterでの映像(このTwitter映像は今は削除されて見えません。)で見る限りでは、圧倒的にエクソの白のペンライト、その次はシャイニー緑・・・でもね。赤のペンライトも頑張ってましたよ。(笑)でも、青のペンライトは凄く少なかった。←これが本当であればの話。

兵役での活動できない時間って、韓国芸能界では命取りにもなりかねない重大問題なんだと、今頃、本当に分かりました。東方神起のように安定した活動が約束されているのは、やはり日本の大きななファンダムがあると言う前提なんだと言うことも、実感して分かりました。でもね。今は良いかもしれないけど、他の兵役前のグループも同じ問題が将来絶対にやって来ることを忘れてはならない。

とにかく、

王様ユノは帰還しました。王子様チャンミンの帰還も秒読み状態です。益々、この2人の動向から目が離せません。

でも、チャンミンが義務警察で公演して来た、社員旅行の余興のようなダサダサの演出の公演をもう見れないと思うと、懐かしくもあり残念でもあります。だって、あんなダサいステージ(←ダサ可愛かったですけどね。)のチャンミンを今後2度と見ることはないからです。

動画とTwitterはお借りしました。

Please follow and like us:
error

SMTソウル公演で・・・韓国のアイドルのことふと思う色々

今ソウルでは、SMTOWNソウル公演が開催中のようです。今回のSMTには、約2年の間兵役の為芸能活動を休止していた東方神起のユノが、1人で参加します。そう言えば、2015年のSMTは、反対にチャンミンだけのSMTでした。あれから、もう2年です。チャンミンの転役まで、後1ヵ月半です。遂に、長い時を経て東方神起が復活します。

ユノの出番はまだのようです。きっとそのうちに、情報がTwitterで入ってくることでしょう。

ところで、

最近では、色々な韓国出身のアーティスト達が日本でライブ活動をしています。韓国でデビューした芸能人は、日本で活動することはチョイスではなく、絶対なんだと思います。先日もシャイニーのテミンがソロ公演を武道館でしていたことを、Twitterの情報で知りました。キュヒョンもイェソンもソロ公演を日本でしています。

他の韓国人グループも最近では簡単に、日本でライブをしています。

過去を振り返ると、東方神起が日本で芸能活動を始めた頃は簡単なことではありませんでした。地道な努力を積み重ねた東方神起の日本での軌跡は、私は忘れません。

今日本で簡単にライブが出来るようになった事は、先輩達が作った道筋がある事を忘れて欲しくないとつくづく思います。

別に、後輩グループの日本での活動にとやかく言っている訳ではないし、嫉妬している訳でもありませんが、ふと思うんです。

簡単に、大きなステージでライブが出来たとしても、地道に少しづつファンを増やして行ったグループには、とてつもない大きな力を持ったファンダムがあると言うことを・・・。

そして、そういうファンダムを持ったグループには、勝つことは出来ない。

だって、ファンのプライドがあるから、ファンの忠誠心があるから、ファンの思いの大きさが違うから。だから、負けることは出来ないのです。

なんて・・・ね。

SMTに出ている面子を見て思いました。SMとしては、東方神起やSuper Junior、少女時代 に続く、ドル箱グループを出したいところですなのでしょうが、なぜか最近のSMの新人グループはパッとしませんよね。

そうそう、余談と言うか・・・こちらもふと思ったことなのですが。

韓国のアイドルって、海外で成功し母国に帰ると・・・往々にして韓国のファンにとても気を使います。しかも異常なくらいに気を使います。東方神起も韓国のライブで、韓国ファンに気をつかい過ぎぐらいに気を使っているのを、何時も感じていました。

今回、シャイニーのテミンのソロ公演が母国が最初ではなく、日本が最初だったこと、そして日本での会場は武道館でした。なんでも韓国で開催する予定のソロ公演の場所が、凄く狭い会場のようです。その2つの事で、韓国のファンと他国のファンが事務所に、かなりの多くのクレームをつけたらしいです。そういう事情があり、テミンが謝罪文を出したと言うことになったようですが、ここでまた、テミンに謝罪文を出させてしまうところが・・・なんだかなぁ~と思ってしまいました。

正直、東方神起の韓国ファンにしても、シャイニーの韓国ファンにしても、日本のファンに対して嫉妬している傾向にあると思います。だって、日本では公演回数も多いし、日本の公式ファンクラブは、ちゃんと稼働していますし、実際韓国ファンより、日本のファンの方が優遇されています。

でも、仕方ないんです。絶対数のファンの数も違うし、違う国だし、韓国より日本は面積だって、人口だって多いし、何より韓国で活動するより見入りが良いんです。

エンターテイメントはビジネスです。

収益の見込めないところより、見込める場所で商売をするのは当たり前のことです。

確かに、ソロ公演を最初にやる場所が韓国でなかったと言うのは、韓国ファンを傷つけたと思います。でも、狭い会場だったというのは、事務所もチケットが完売するシュミレーションをして決めた会場だと思うのですが?

しかし、大きな要因は、事務所の緻密な計画がなかった原因であり、テミンが謝罪文を出さなければいけなくなってしまった、つまり、そこまでしないと収まらなかったと言うことなのだと思います。

本来、この謝罪文だって、テミンが出すべきものではないし、(事務所がだすべき謝罪文です。)だって、テミンは言われた場所で、ただ仕事をしているだけで、彼の意思でこういう自体になった訳ではない訳で、謝罪文を出さなければいけなかったテミンも、不本意だろうし、また大変気の毒だと思います。

最近は、こういうものだと(韓国の事務所の対応)諦めていますし、慣れたっていうのもありますけれども。SMに限らず、韓国の事務所は、見切り発車が殆どです。

東方神起が韓国で活動を開始する際に、また、このような不愉快な思いをするのかと思うと、とても憂鬱な気分になります。せっかく東方神起が芸能活動を再開すると言うおめでたい時期なのに、なんだか嫌な悪夢を、このテミンの謝罪文で思い出してしまいました。

Twitterからお借りしました。

Please follow and like us:
error

使える東方神起グッズ!欲しい東方神起グッズ!

アジアのみなさん、こんばんは!そしてアメリカのみなさん!おはようございます。アメリカでは、独立記念日前の週末とあって連休を取っている方も多いようです。

ところで、

私アップルは、みなさんご存知のことだと思いますが、ネイルテクニシャンとして日々悪戦苦闘しています。特に、ここ一週間は、連休を取る多くのお客様の美しくなる為のお手伝いを、昨日までクタクタになるまでしていました。まぁ~そう言えばカッコいいのですが、所謂ただのペディキュアの施術なんですけどね。(笑)

日本では、あまりペディキュアをネイルサロンでしてもらうってないようですけど、アメリカでは夏になるとネイルサロンに通常来ない、(つまり足の手入れがほぼしていない足)ペディキュアだけのお客様が来られます。こういう足をお持ちのペディキュアは、大変時間を要します。そして、アメリカは多種多様の民族と多種多様な足大きさの方が、来店されますので、これまた私にとっては、中々のエクスペリエンスな訳です。

人間、日々修行!そして経験と感動と言い聞かせ・・・・・日々精進しております。(爆笑)

とにかく、ここ数日心身共に、クタクタでブログの更新もメルマガの更新も怠っていました。本当に申し訳ありません。(と言い訳とかしています。←すみませんっ!笑)

と言う前置きの後、

本題の「使える東方神起のグッズ!」について書き始めます。

先ほど、Twitterとファンクラブから来たメールで知ったのですが、SMTで新しいGOODSが発売されるそうで、中身をサイトに行ってチェックして参りました。SMTOWN official shop

そして・・・・・・・なるほど。

敢えて、個々に関しては今更何も言いません。ただ、言えるのは私が欲しいGOODSはありませんでした。

SMの東方神起以外のファンの方の応援方法は、存じ上げませんが。私が知る限りでは(私の周りにいるトンペンたちの購買心理)もちろん、GOODSが良いから欲しいから購買すると言うのも一理ありますが、もう一つの大きな購買要因は東方神起への忠誠心と、東方神起に対してのサポートの為、そして何よりも、東方神起へ愛があるから、GOODSを購入しているのです。

ですが、最近のGOODSは、そんなファンの心理を見抜いて「何でも作れば売れる」と言うような制作側の驕りと、手抜きがチラホラ見受けられるのです。GOODSはアーティストにとっては、とても大切な収入源です。最近のライブは演出、そして会場のレンタル料が高いので、ライブだけではプロフィットを生むのは難しいと言われています。そこで、とても大事なのがコンサートの度に販売されるGOODSなのです。

アーティストにとってライブをする、成功されるのは一番重要なことです。しかし、ライブだけでは利益を生むのが難しい(チケットが完売しても)今日この頃。ライブの付録であったGOODSが利益を生むための主役になっていると言う不思議な現象を、アーティスト所属事務所は、理解しているのだろうか?と思うのです。

つまり!

GOODSは、今や主役級の大切なマーチャンダイズなんです。だからGOODSを作る側も、消費者(ファン)の意向、ファンの購買傾向などのマーケティングをマーチャンダイジングを怠ってはいけないと、本当に思うわけです。

このGOODSに関してのテーマは、私のブログが始まった時から書き続けています。本当に、もっと使えるGOODSを作って欲しいと心から願うのです。

でも、ネガティブなことばかりでもありません。ここ最近での一番ヒットGOODSは、この星プリントのキャンバス生地バックです。これは、何人の普通の人、アメリカ人にも良いね!どこで買ったの?何処のブランドなの?欲しいんだけどと言われました。

つまり、普通にこのキャンバスバックは良いんです。そう、私たちは普通に良いGOODSが欲しいんです。違いますか?

このバックがあまりにも良いので、もう2個ぐらい買っておこうと思ったら、このバックは完売だそうです。こういう良いものは、追加オーダー出来るシステムも必要だと思いますが・・・・・・。売れるものは、直ぐに量産出来るシステムと売れるGOODSを作れるリサーチするシステムを構築することが、今後のGOODSの成功に繋がると信じています。

東方神起が完全体になった時の記念GOODSは、私の欲しいGOODSでありますように!

Please follow and like us:
error