変わり行くNY・・・変わらない友情

先日、大学(FIT)時代の友人がNYに訪れました。6年前に銀座で会ってそれ以来の再会でした。相変わらず元気そうにしていた友人・・・。

友人が学生時代住んでいたアパートへ行ってみたいとのこと、早速行ってみました。友人が住んでいたエリアは、わたしたちが学生時代だった時代とは、様変わり・・・。今は、あの時代を思い出すことさえ難しい。良い意味で、安全な場所。悪い意味で観光地になってしまっています。

友人が住んでいた場所は、まだまだタイムズスクエアが汚くて、安全ではない場所だった時代のタイムズスクエアです。あまりの発展に友人もビックリしていました。

(余談ではありますが、偶然にも友人のその晩の宿泊場所は、タイムズスクエアのWホテル。覚えているかしら?Wと言えば、2011年東方神起がSMTでNYへ来た時に、宿泊したホテルです。)

その晩の食事をどこにするか考えながら、47thSterrtの7thAveから西へ向かい、8thAve、9thAveの道まで行ってみました。この辺りの地域の発展は目を見張るものがあります。15年ぐらい前までは、まだまだ気味が悪い雰囲気が漂っていました。ましてや、わたしたちが学生だった頃は、行ってはいけない場所でした。そんな場所が今では、沢山のお洒落なレストランが立ち並び、昔の思い出しかない友人には、俄かに信じがたい光景が目の前にあったようで、ビックリしていました。

そして、友人がぼそりと・・・

でもさぁ~。なんか詰らなくなってよね。マンハッタンの中ってどこへ行っても小洒落な場所になっちゃって・・・。昔の汚くて怖いって危険な匂いの漂う場所って言うのが消えちゃって!確かに、わたしも最近そう思います。

わたしの学生時代のマンハッタンへ行くと、あまりにも気を張って歩いているから疲れたものです。つまり常に緊張して歩いていた記憶があります。今はその良い意味での緊張感が全くないことに気が付かされます。

人々にとっては、NYが安全で住み易い街へ変貌したのは良いことでもありますが、その為に、家賃は高騰してしまいました。

NYは、まだまだ変貌して行くでしょう。今や不動産の高騰とマンハッタンだけに留まらず、ブルックリンやクィーンズまでにも及んでいます。

そうそう、そんな感じで西の方から、今度は東へ向かって歩き、日本から来た人には珍しくもないNYで、なんちゃってじゃない和食と日本酒を提供するレストランへ行くことにしました。

その店の名前は酒蔵、もうオープンして随分経つ店で、今一番の旬なレストランではないのですが、なぜかこのレストランがわたしは好きです。日本から来た人が気に入るか心配しましたが、思いのほか気に入ってくれて安堵しました。(今年の初めにLAから来た友人とも訪れました。その友人も気に入ってくれました。)

この晩のクライスラービルディングは、とってもハンサムでした。こういう写真が撮れるのがNY!どこの街角でも、素敵なんです。だから、嫌なところも汚いところもあるけどNYから離れなれない理由なんだろうなぁ~と思いながら、この写真を見ています。(笑)

レストランへ着きました。そして・・・

まずは、友人お薦めのスパークリング酒で、久々の再会を祝いました。

前菜の黒枝豆、豆腐サラダと冷奴!サッパリしたものをとの友人の希望で、前菜はこの3品になりました。友人曰く、黒枝豆は日本より美味しいと言っていました。

店内の雰囲気はこのような感じです。モダンの中にも木を沢山取り入れたインテリアで、和のテイストを演出しています。

次のお酒は、やはり友人お薦め喜多屋の純米吟醸!なんでもこのお酒とっても貴重なお酒のようです。今日本で流行りの高級寝台列車のダイニングでしか飲めないお酒とか?飲みやすくて美味しいお酒でした。グラスも江戸切子で、お酒の味を向上させます。←器やグラスは食べ物や飲み物の味を変えるとわたしは信じています。視覚から得る情報は、味覚を変えると思います。はいっ!

締めは、お蕎麦にしました。ここのお蕎麦は、ちゃんと打ってます。しかもわたしの好きな更科です。久々の美味しいお蕎麦に満足でした。NYでも美味しいお蕎麦食べることが出来るようになったんです。一昔じゃ考えられないことです。こういうのは良い意味でのNYの変貌ですね。

デザートは、お酒のパンナ・コッタとアイスクリーム。これまた手作りで美味しゅうございました。

こうやって久々に会った友人・・・だけど、変わり行く周りの状況の中で、友情ってのは時間が経っても遠くに離れていても変わらないものなんだと、なんだか嬉しかった、そんな素敵な夜でした。

また、会えると良いなぁ~。と願いながら・・・

 

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください