ブログ購読の手順

こんばんは、もしかするとブログ購読がスムーズに行かない方がいるのではないかな?と思い、ちょっと手順なるものを書かせていただきます。

でも、その前に昨日行ったラーメン屋さんのお話もちょっとさせてください。

昨日のNYは湿気のある暑い夏の日でした。夕方から雷が伴う通り雨が、あぁ~夏だなぁと感じさせる日でした。それなのに、どうしてもラーメンが食べたくなったアップルは、わざわざ地下鉄に乗り数駅先の町まで出向きラーメンを食べに行って来ました。

ラーメン屋さんの名前は「Shuya Cafe de Ramen」というちゃんと日本人の方が経営している美味しいラーメンでした。最近のNYで主流になっている「とんこつ」ラーメンでないラーメンってことで、希少価値は高いです。

場所はQueens地区のアストリアと言う場所にありました。アストリアと言う町は、昔からギリシャ移民の多く住む街で、ギリシャ料理のレストランが点在しています。久々に行ったアストリア、ラーメン店まで行く道をテクテク歩くと・・・まるで80年代から時間が止まってしまったような、田舎臭い、お洒落じゃない街並みに遭遇。でも、そんな空間が最近のNYで見つけるのは難しく、(最近のNYは何処へ行ってもお洒落で、キレイな街並みになってきています。)ある意味、新鮮な感じと、そのダサさがお洒落にも感じ、とってもプレシャス感を感じました。

ラーメンの出汁は、あさりの出汁と鶏がら(←多分)でサッパリ系のスープがとにかく新鮮でした。ラーメンの麺は、私の好みである太縮れ麺、とんこつスープのラーメンの麺は細くてまっすぐが多いので、この麺も希少価値があると思いました。ラーメンの上に乗っているチャーシューも自家製のようで軟らかく、またラーメンに乗せる前に炙っているので香ばしく美味しかったです。

更に、ラーメンを食べた後に食べた、昔ながらのカキ氷がまた希少価値が高いと思いました。最近のカキ氷は、韓国風のパッピンス風な氷の削り方で、舌触りが凄く良いんです。だけど、このラーメン屋さんのカキ氷は、とにかく舌触りが昔食べたカキ氷でした。たまに、大きな氷の塊なんかもあったりで、これが堪らなく懐かしくて・・・私的には大好きなカキ氷でした。

でも、お店のインテリアはラーメン屋さんと認識できなくくらいお洒落なカフェ風。使っている丼や小皿は、全部味わいのある陶器でお洒落なラーメン屋さんなんです。この昔ながらとトレンドがミックスされ、不思議な空間になっていました。

とこのくらいで、ラーメン屋さんのお話は終わりです。

さて、本題のブログ購読の手順ですが、PC画面から購読していただくのは、多分問題はないと思うのですが、みなさん、やはりスマートフォンからブログを読んでいる方も多いですよね。そこで、スマートフォンからの購読の仕方なのですが、大概の方はアメブロでアップルのブログを購読してくださっている方が多いと思います。

アメブロにも、こちらのブログをリンクしておりますので、そこからリンク先へ飛んで読んでくださっても構いません。ですが、やはりこちらのブログを購読したいと言う方は、スマートフォンからアメブロの私のブログのリンク先へ飛んでください。そして、スマートフォンのブログの画面を、スクロールダウンして画面の最後部を見ると、Mobile  /  Desktop というのが見えると思います。

スマートフォンでブログを読んでいるので、自動的に Mobile の文字の方が青い枠の中に見えるはずです。

残念ながら、スマートフォンのブログの画面には、購読のボタンがありません。←今後、出来る可能性はありますが、今のところないので、  Desktop の方をクリックしてください。そうすると、PC用の画面がスマートフォンから見れるはずです。そして、やはり同じ様にスクロールダウンをして、ほぼ最後の画面に近い場所に、Subscribe to this blog  という場所が見つかると思います。その場所にあるメールアドレスを入力する空欄に、みなさんのメールアドレスを入力しまして、購読という赤い部分をクリックしてください。

多分、これで購読できるはずです。

もし、まだ購読がスムーズに行かないと言う方がいましたら、お問い合わせという場所からアップルまでご連絡ください。早急に、問題が何か調べまして対処いたします。

色々ご迷惑おかけしております。

アップル

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。