使える東方神起グッズ!欲しい東方神起グッズ!

アジアのみなさん、こんばんは!そしてアメリカのみなさん!おはようございます。アメリカでは、独立記念日前の週末とあって連休を取っている方も多いようです。

ところで、

私アップルは、みなさんご存知のことだと思いますが、ネイルテクニシャンとして日々悪戦苦闘しています。特に、ここ一週間は、連休を取る多くのお客様の美しくなる為のお手伝いを、昨日までクタクタになるまでしていました。まぁ~そう言えばカッコいいのですが、所謂ただのペディキュアの施術なんですけどね。(笑)

日本では、あまりペディキュアをネイルサロンでしてもらうってないようですけど、アメリカでは夏になるとネイルサロンに通常来ない、(つまり足の手入れがほぼしていない足)ペディキュアだけのお客様が来られます。こういう足をお持ちのペディキュアは、大変時間を要します。そして、アメリカは多種多様の民族と多種多様な足大きさの方が、来店されますので、これまた私にとっては、中々のエクスペリエンスな訳です。

人間、日々修行!そして経験と感動と言い聞かせ・・・・・日々精進しております。(爆笑)

とにかく、ここ数日心身共に、クタクタでブログの更新もメルマガの更新も怠っていました。本当に申し訳ありません。(と言い訳とかしています。←すみませんっ!笑)

と言う前置きの後、

本題の「使える東方神起のグッズ!」について書き始めます。

先ほど、Twitterとファンクラブから来たメールで知ったのですが、SMTで新しいGOODSが発売されるそうで、中身をサイトに行ってチェックして参りました。SMTOWN official shop

そして・・・・・・・なるほど。

敢えて、個々に関しては今更何も言いません。ただ、言えるのは私が欲しいGOODSはありませんでした。

SMの東方神起以外のファンの方の応援方法は、存じ上げませんが。私が知る限りでは(私の周りにいるトンペンたちの購買心理)もちろん、GOODSが良いから欲しいから購買すると言うのも一理ありますが、もう一つの大きな購買要因は東方神起への忠誠心と、東方神起に対してのサポートの為、そして何よりも、東方神起へ愛があるから、GOODSを購入しているのです。

ですが、最近のGOODSは、そんなファンの心理を見抜いて「何でも作れば売れる」と言うような制作側の驕りと、手抜きがチラホラ見受けられるのです。GOODSはアーティストにとっては、とても大切な収入源です。最近のライブは演出、そして会場のレンタル料が高いので、ライブだけではプロフィットを生むのは難しいと言われています。そこで、とても大事なのがコンサートの度に販売されるGOODSなのです。

アーティストにとってライブをする、成功されるのは一番重要なことです。しかし、ライブだけでは利益を生むのが難しい(チケットが完売しても)今日この頃。ライブの付録であったGOODSが利益を生むための主役になっていると言う不思議な現象を、アーティスト所属事務所は、理解しているのだろうか?と思うのです。

つまり!

GOODSは、今や主役級の大切なマーチャンダイズなんです。だからGOODSを作る側も、消費者(ファン)の意向、ファンの購買傾向などのマーケティングをマーチャンダイジングを怠ってはいけないと、本当に思うわけです。

このGOODSに関してのテーマは、私のブログが始まった時から書き続けています。本当に、もっと使えるGOODSを作って欲しいと心から願うのです。

でも、ネガティブなことばかりでもありません。ここ最近での一番ヒットGOODSは、この星プリントのキャンバス生地バックです。これは、何人の普通の人、アメリカ人にも良いね!どこで買ったの?何処のブランドなの?欲しいんだけどと言われました。

つまり、普通にこのキャンバスバックは良いんです。そう、私たちは普通に良いGOODSが欲しいんです。違いますか?

このバックがあまりにも良いので、もう2個ぐらい買っておこうと思ったら、このバックは完売だそうです。こういう良いものは、追加オーダー出来るシステムも必要だと思いますが・・・・・・。売れるものは、直ぐに量産出来るシステムと売れるGOODSを作れるリサーチするシステムを構築することが、今後のGOODSの成功に繋がると信じています。

東方神起が完全体になった時の記念GOODSは、私の欲しいGOODSでありますように!

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください