SMTソウル公演で・・・韓国のアイドルのことふと思う色々

今ソウルでは、SMTOWNソウル公演が開催中のようです。今回のSMTには、約2年の間兵役の為芸能活動を休止していた東方神起のユノが、1人で参加します。そう言えば、2015年のSMTは、反対にチャンミンだけのSMTでした。あれから、もう2年です。チャンミンの転役まで、後1ヵ月半です。遂に、長い時を経て東方神起が復活します。

ユノの出番はまだのようです。きっとそのうちに、情報がTwitterで入ってくることでしょう。

ところで、

最近では、色々な韓国出身のアーティスト達が日本でライブ活動をしています。韓国でデビューした芸能人は、日本で活動することはチョイスではなく、絶対なんだと思います。先日もシャイニーのテミンがソロ公演を武道館でしていたことを、Twitterの情報で知りました。キュヒョンもイェソンもソロ公演を日本でしています。

他の韓国人グループも最近では簡単に、日本でライブをしています。

過去を振り返ると、東方神起が日本で芸能活動を始めた頃は簡単なことではありませんでした。地道な努力を積み重ねた東方神起の日本での軌跡は、私は忘れません。

今日本で簡単にライブが出来るようになった事は、先輩達が作った道筋がある事を忘れて欲しくないとつくづく思います。

別に、後輩グループの日本での活動にとやかく言っている訳ではないし、嫉妬している訳でもありませんが、ふと思うんです。

簡単に、大きなステージでライブが出来たとしても、地道に少しづつファンを増やして行ったグループには、とてつもない大きな力を持ったファンダムがあると言うことを・・・。

そして、そういうファンダムを持ったグループには、勝つことは出来ない。

だって、ファンのプライドがあるから、ファンの忠誠心があるから、ファンの思いの大きさが違うから。だから、負けることは出来ないのです。

なんて・・・ね。

SMTに出ている面子を見て思いました。SMとしては、東方神起やSuper Junior、少女時代 に続く、ドル箱グループを出したいところですなのでしょうが、なぜか最近のSMの新人グループはパッとしませんよね。

そうそう、余談と言うか・・・こちらもふと思ったことなのですが。

韓国のアイドルって、海外で成功し母国に帰ると・・・往々にして韓国のファンにとても気を使います。しかも異常なくらいに気を使います。東方神起も韓国のライブで、韓国ファンに気をつかい過ぎぐらいに気を使っているのを、何時も感じていました。

今回、シャイニーのテミンのソロ公演が母国が最初ではなく、日本が最初だったこと、そして日本での会場は武道館でした。なんでも韓国で開催する予定のソロ公演の場所が、凄く狭い会場のようです。その2つの事で、韓国のファンと他国のファンが事務所に、かなりの多くのクレームをつけたらしいです。そういう事情があり、テミンが謝罪文を出したと言うことになったようですが、ここでまた、テミンに謝罪文を出させてしまうところが・・・なんだかなぁ~と思ってしまいました。

正直、東方神起の韓国ファンにしても、シャイニーの韓国ファンにしても、日本のファンに対して嫉妬している傾向にあると思います。だって、日本では公演回数も多いし、日本の公式ファンクラブは、ちゃんと稼働していますし、実際韓国ファンより、日本のファンの方が優遇されています。

でも、仕方ないんです。絶対数のファンの数も違うし、違う国だし、韓国より日本は面積だって、人口だって多いし、何より韓国で活動するより見入りが良いんです。

エンターテイメントはビジネスです。

収益の見込めないところより、見込める場所で商売をするのは当たり前のことです。

確かに、ソロ公演を最初にやる場所が韓国でなかったと言うのは、韓国ファンを傷つけたと思います。でも、狭い会場だったというのは、事務所もチケットが完売するシュミレーションをして決めた会場だと思うのですが?

しかし、大きな要因は、事務所の緻密な計画がなかった原因であり、テミンが謝罪文を出さなければいけなくなってしまった、つまり、そこまでしないと収まらなかったと言うことなのだと思います。

本来、この謝罪文だって、テミンが出すべきものではないし、(事務所がだすべき謝罪文です。)だって、テミンは言われた場所で、ただ仕事をしているだけで、彼の意思でこういう自体になった訳ではない訳で、謝罪文を出さなければいけなかったテミンも、不本意だろうし、また大変気の毒だと思います。

最近は、こういうものだと(韓国の事務所の対応)諦めていますし、慣れたっていうのもありますけれども。SMに限らず、韓国の事務所は、見切り発車が殆どです。

東方神起が韓国で活動を開始する際に、また、このような不愉快な思いをするのかと思うと、とても憂鬱な気分になります。せっかく東方神起が芸能活動を再開すると言うおめでたい時期なのに、なんだか嫌な悪夢を、このテミンの謝罪文で思い出してしまいました。

Twitterからお借りしました。

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
2件のコメント
  1. アップルさんこんにちは^ ^
    テミンの今回の謝罪文で日本のシャヲルは本当に傷つきました、、。みんなテミンが韓国で先にソロコンサートをやりたかったのは分かってたし、それでもやるからには応援がんばったしテミンもがんばったんです。。
    それなのに、こんな事になり、私たち日本のシャヲルも考えないようにしてた事をテミンの口から聞くかたちになっちゃって。。
    韓国のシャヲルの気持ちも本当に分かるんですが、武道館テミンをなかったことにされた様な気分になりました(涙)悲しいです(涙)

    1. 聡美さん、コメントありがとうございます。テミンの謝罪文を読んで、私も、同じような気持ちに(東方神起に関することで)なっていたことを思い出し胸が痛くなりました。韓国の事務所は、何時もその場限りの対応をします。つまり、行き当たりバッタリの対応です。このような事をすると、韓国のファンが傷つくこと、そして今度は傷ついた韓国ファンをなだめる為に、日本のファンを傷つかせるような対応をします。そして、その間で振り回されるのは、アーティストです。こういう不本意な韓国側の対応を、何度か繰り返されるうちに、いつかきっと改善されると期待をし続けましたが、改善されるどころか、毎回、彼らの母国で企画されたもの、発信された言葉は、私たちファンの気持ちを理解するものではありませんでした。多分、このような事は今後も同じだと思います。最近では、深く考えないようにする自分があります。いちいち、気にしていたら身が持たないからです。聡美さんのお気持ち察しますが、テミンもあの理不尽な謝罪文を書かなければいけなかった事は、不本意であったと思います。テミンを辛かったにちがいありません。どうか、もう悲しまないでください。深く悩まないでください。韓国アイドルを好きになると言うことは、こういう苦い体験も一緒にパッケージとして付いてくると言うことなんだと、思うようになりました。深く考えないのが一番です。元気だしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください