ジョンヒョン- SHINeeが歌うSo Goodbye( City Hunter )を聞きながら

今朝、ジョンヒョンの訃報を知りました。ただビックリしています。私は、シャイニーのファンではないので、詳しいことは分かりませんが、彼が心の病を患っていたことを、今回の件で知りました。

競争の厳しい芸能界(特に韓国芸能界)で、常に周囲から期待され、それに応えようとパーフェクトを目指すアーティストとして、生きることの難しさを、考えさせられる事件でした。これは、東方神起の2人にも当てはまることなので、他人事としてサラっと流すことは出来ませんでした。

今回のジョンヒョンの死で、私たちに見せる光輝くスターでいる為には、必ずその後ろには影があり、対比があるのだと言うことも・・・

スターに当たるスポットライトの光のせいで、何時もは見えないのだけど、光の対比は闇だと言うことも・・・

色々な悩みをかかえていたようですが、それでも、まだ27歳という年齢で、命を絶ってしまったことが、ただただ残念すぎます。

私が、ここ最近見たイ・ミンホのドラマCity HunterのOST「So Goodbye」をジョンヒョンが歌っていたことを思い出しました。その曲を聞きながら、ジョンヒョン So Goodbye  天国で安らかに休んでください。心からご冥福をお祈りいたします。

それにしても、今更ながらジョンヒョンの歌の上手さに惚れ惚れしています。そんな彼の生歌をもう聞けないと思うと、悲しく、そして切ない気持ちになります。

SHINeeのジョンヒョンを「自殺」に追い込んだもの

SHINee(シャイニー)ジョンヒョンさん自殺報道と自殺予防の心理学:私達は何を伝えるべきか

SHINeeは永遠に5人だよ…「7年のジンクス」乗り越えた末にメンバー自殺の衝撃

目標は「元気で活動を続けること」とアエラに語っていた SHINeeジョンヒョンさん死去

亡くなった「SHINee」のジョンヒョンさん“遺書”全文を公開

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください