SHINeeジョンヒョン出棺、悲しすぎます。

私は、SHINeeのファンじゃないのですが、東方神起の弟分として日本活動にも力を入れていたグループでありましたし、私と個人的に親しいチャミペンさんが、チャンミンの居ない間に、すっかりジョンヒョンの声に魅せられたと言っていましたので、SHINeeと言うグループは、私にとってファンではないのですが、身近なグループでした。

人間は、必ず死を迎えます。そして、人間には寿命と言うものもあります。人間は、この現世では、期間限定で生かさせられていると思うのです。その自分の生きる期間と言うのは、誰一人として分からないのです。それは、ユニバーズ(宇宙の真理)、もしくは神様が知るのみです。

人間の生と死の場所、時間、どのように、どうして、の選択の余地はありません。

ただし、自ら死ねことを自らの手で、選んだ場合は、自分で場所も時間もどのように、そして、どうしてが選択できます。残念なことに、ジョンヒョンは自らの意思で、死を選んでしまいました。なぜならば、心に大きな深い闇を抱えていたようです。その深い闇から抜け出すことが、自分の力で出来なかったようです。本当に本当に残念でしかたありません。

若い才能のある人の死は、悲しいのを通り超して・・・辛いです。心が折れそうです。胸が張り裂けそうです。

そして、残されたSHINeeのメンバーへかける言葉が見つけられません。

東方神起の2人も、心身ともにに辛い中、プロ根性を見せ、東京ドームでのライブに挑んだようでした。

このような悲しい辛い出来事が、起きないように心から祈ります。そして、ジョンヒョンが、天国で誰にも邪魔されず、幸せな気持ちで過すことが出来ますように、心から祈ります。

NYのSMTOWNで初めて見たSHINeeのメンバーは、まだまだあどけない男の子たちでした。

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください