ワンオク・2018 Ambitions Tour Live ソウル公演

ワンオクのソウル公演が、つい2日ほど前にありましたね。
どんな感じだったのか、ちょっとYOUTUBEで映像が上がっていないかチェックしてみました。
そうしましたら、あったあったっ!

韓国でワンオクがどの程度人気があるのかは、全然皆目がつきませんが、この映像を見る限りでは、熱狂的なファンはどの国にもいるようです。

チャンミンが最近注目しているグループが、ワンオク!なんてことを言っていましたので、チャンミン君はワンオクのライブへ行ったのかしら?とか、そして、ちょっと高慢ちきなタカ←(笑)とお話したのかしら?とか・・・。色々妄想しています。

そして、私も去年NYのワンオクのライブへ行った時のことが、鮮明に蘇って来ました。
凄く歌も英語も上手くって、音楽も良かったんですけど、あの熱気でライブ会場に席がない(つまり立ち見)ほど辛いものはなかった。(笑)もちろん、東方神起の場合も殆どの場合は立って見ていますが・・・。でも、席がある安心感と席がある空間は、自分の場所であり、邪魔されないわけで、この席がある保険は重要です。

でも、ワンオクのライブ会場(NYでのことですが)席がないから自分のパーソナルスペースが、確保出来ないんです。
あれは、マジでマジで辛い!で、またオーディエンスが10代から20代・・・その若い熱気で、マジで死ぬかと思いました。(笑)実のところ、途中でめまいがして、途中、周りの空気が薄くなって・・・ぶっ倒れる寸前でした。

それでも、また懲りずに、今度は席の確保された、贅沢な環境で、日本で行なわれるワンオクのライブを見たいと、言う気持ちに、この映像を見て思いました。

ソウル公演では、メンバーがかなり韓国語でMCをしたりと、ファンサービスしている感じで、やっぱり海外のファンを惹き付けるための、このちょっとした現地の言葉で挨拶したりすることって大切ですよねぇ。

そう考えると東方神起は、完璧ですなっ!外国人である彼らが、多くの日本人を惹き付ける為の努力が、彼らの大きな強みなんだと、つくづく、なぜかワンオクのソウル公演の映像を見て、改めて思うわけです。

タカのお立ち台が・・・可愛いっす!

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください