ボヘミアンラプソディを見て!秘かな願いはチャンミンにQueenの曲を歌って欲しい!

昨晩、今世界的に大ヒット中の映画『ボヘミアンラプソディ』を見てきました。
そうそう、チャンミンも数日前に見たようで、もちろん見ようと思っておりましたが、チャンミンが見た映画と言うことで、見る時期は早まった気がしていますが・・・。

結論!本当に良かった!

この映画はフレディの伝記映画として見るべきかな?と思います。
そして、この映画をただの音楽映画として見ると、面白くないかもしれません。

もうフレディ・マーキュリーは他界していますので、彼が生きていた時のQueenを知っている人と、知っていない人との間には、見る感想の温度差があるかもしれません。

ですが、やはりQueenの今まで疑問に思っていた独特の不思議な音楽観が、この映画を見たことでクリアになりました。

それから、音楽って凄いなと思ったのは、この時代の背景をQueenの曲が映画で流れてくると、色々な思い出が蘇ってくるのです。

フレディ・マーキュリー時代のQueenに出会うことが出来なかったチャンミンが、どういう感想を持ったのかとても気になるところです。

でも、ミュージシャンでアーティストである彼は、絶対にQueenの曲を何度も聞いているはず!
何時か、映画の感想と、なんと言ってもQueenの曲をチャンミンに歌って欲しいなんて、秘かに願っています。

そうそう!ヴォーカリストって、凄くセンシティブな仕事で、歯を一本抜いても声に影響する可能性があるってことも、この映画を見て分かりました。

最近の歌手は容姿重視で、見た目ばかり気にして、簡単に顎や鼻を美容整形で美しく整えています。それって、歌手と言う仕事の本質を分かっていない。つまり、プロじゃないんだなって思ってしまいました。

フレディは、自分の声が変わってしまうことを恐れて、少し出ている前歯を矯正することを絶対に拒んでいたそうです。その拘り、なんだかその拘りに凄く心打たれました。

Please follow and like us:

NY在住の東方神起が大好きなブロガー兼ライター兼ネイリスト。つまり、なんでもやります。長年続けてきたマンネリ化した(ファッション&ジュエリーリテール業界)生業からの脱却、2016年突然ネイリストになる決心。他業種からネイリストにキャリアチェンジをすると言う、極めて珍しいパターンを実行中!人生死ぬまで挑戦を合言葉に、日々健闘しています。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください