もし、私が日産スタジアムの演出をしたら!

アップル、今日NYに戻りました。
日産スタジアムでのライブの余韻に浸っている間もなく、明日から通常の日々が戻ります。

通常の日々は、今ライブを見て感じている事を、直ぐに忘れさせてしまいます。
ですから、今日・・・ブログをメルマガを更新します。

東方神起の2人に関して、何も言うことはありません。
あれだけの土砂降りでも手を抜くこともなく、完璧なステージを見せてくれた2人に、大きな拍手とリスペクトを
贈りたいと思います。

彼らを、もっと最大限に輝かせる方法があったはず・・・そんな気はしています。

オープニングの登場の仕方。
セットリストの選び方。
衣装。←でも、今回の日産に関しての衣装は、満足しています。でも、もっとゴージャスにしても良いんじゃないかと思ったのも確かです。だって、日産スタジアムで3日間ですよ。(笑)

とまぁ~好き勝手にメルマガで、「もし、私が日産スタジアムの演出をしたら」と言う夢物語を書いています。
興味のある方は、是非読んでみてください。

メルマガは、いつでも解約できますのでっ!
安心して登録してください。

東方神起と徒然 ←このリンク先からメルマガ登録できます。

Please follow and like us:
error

がっちゃんがV LIVEの東方神起動画を吹き替えを入れてあげてくれましたっ!(爆笑)

いやいや久々のがっちゃん登場に、かなり私は興奮しています。
がっちゃんとは、東方神起5時代にもの凄い影響力を持った韓国のカリスマブロガーでした。彼女の凄いところは、とにかく日本語の能力が桁違いで高い点。とにかく、文章力の面白さでは最高のブロガーでした。

詳しくは、彼女の過去に書いていたブログをリンクしておきますので、読んでみたい方は是非読んでみてください。
東方神起そして2U

そして、その勢いが追い風となり日本で本を東方神起への時間旅行2004-2012を扶桑社と言う大手の出版会社から出版しました。私も直ぐに買いました。ただ、この本は今一あの当時の東方神起のファン(分裂した当時)を納得させる内容でなかった記憶が残っています。

その時、思ったのは彼女は東方神起のコアのファンを超えて、がっちゃんと言うブランドのなってしまった気がしました。そして、今も・・・。彼女には、既に多くの彼女をフォローするファンの存在があります。ですから、彼女をただのファンとして見ることは、私の中ではありません。

しかし、その後・・・彼女のブログの内容があの当時の日本のファンの琴線にふれて、かなりバッシングにあいました。でも、私は彼女の文章のセンスに惚れこんでいましたので、(東方神起の分裂騒動に関してのブログを抜きに考えて)彼女のブログがアップされるのを楽しみにしていました。

ところが、そんな私の期待は虚しく・・・がっちゃんのブログの更新は止まってしまいました。

すると、最近「がっちゃん」の名前でTwitterアカウントがあることに気がつきました。

そして昨日、めちゃくちゃ面白い動画を見つけてしまいました。

先日ユノとチャンミンがV LIVEで、新しいアルバムの説明をすると言う動画にがっちゃんが吹き替えをして、Twitterで上げていたのです。

彼女のユーモアとセンスでユノとチャンミンの声が変わっていますが、この声がユノの声ってこんな声だった気がしちゃって、そしてチャンミンの声もこんな声だった気がして・・・そして、何よりも声は全く違うのですが、ユノの話し方、チャンミンの話し方癖などを上手く再現しているのです。

本当に、がっちゃんのセンスの良さは天性であり、そして天才ですね。

がっちゃん!見事に東方神起と共にカムバック!?でしょうか?今後の彼女の発信するSNSに、注目したいと思っています。本当に、5人時代はこういうセンスのある面白いことやってくれるブロガーが多かったなって、今更ながら昔を懐かしんでいます。(笑)

Please follow and like us:
error

東方神起がタイトル曲「運命」で韓国カムバック!

遂に、東方神起が韓国で3年振りにカムバックします。
最近、新しくファンになった方にとっては、このカムバックって分からないですよね。

ちょっと説明しておきますね。
韓国では、アルバムをリリースすると、そのアルバムの中からリード曲を1曲選びます。
そして、その1曲を新曲として韓国のテレビ局が、持っているそれぞれの音楽番組で1位を競うのです。

韓国では、日本のシングルにあたるものはありません。

そして、1位になる為には、それぞれの音楽番組の審査方法で1位が決まります。

簡単に説明すると、こんな感じです。

東方神起にとっては、3年ぶりの韓国でのカムバックなので、ユノもチャンミンも嬉しいと思います。
そして、もちろん2人は良い成績を残したいと思っているでしょうね。

今回、この時期にカムバックするグループは、若手の今が旬なグループで、東方神起の2人からすると、子どもみたいな人々と競う合うわけです。なかなか大変な現実ではありますが、私たちトンペンは悔いのない応援はしたいなって思っている人が多いと思います。

とにかく、日本でのまた兵役後、新しいアルバムをリリースしていないだけに、今回のカムバック曲がどんな曲なのか早く聴きたいし、早くMVも見たいって思っています。

それから、ちょっと前にメルマガ 東方神起と徒然「いよいよ東方神起カムバック」 を配信しました。

メルマガは、ブログでは書けないアップルの本音やとっておきのマル秘の話を書いています。興味のある方は、是非リンク先へ飛んで読んでみてくださいねっ!

Please follow and like us:
error

東方神起の完全体をNAVERライブ映像配信アプリ「V LIVE」で視聴!

こちらNYは、朝6:00でございます。今日は大切な東方神起の初「V LIVE」での映像配信と言うことで、眠い目を擦って、朝4:45分に起きてスタンバイしていました。こういう時は、ちゃんと目が醒めるもんですと自分で自分を褒めてやりました。(笑)

東方神起の2人の久々の掛け合い漫才!良かったですねぇ。特に、こういう素の姿が見れる(素っぽいと言った方が正しいのかもしれない。司会者も入らず、2人だけでなんてことのない話をグダグダ話す・・・ファン以外の人が見たら、何が楽しいのか分からないと思いますが、そこが良いんですよ。このくだらなさがっ!)インターネット配信って良いですね。

これから、どんどんこの様な形で近未来地上波のTVって・・・限られた人たちが見るメディアになり、インターネット配信がメジャーなメディアになるんだろうなぁ~と漠然と思いながら、ユノとチャンミンのグテグテの話を、ニヤケながら見ていました。韓国は、こういうインターネットを上手く使って世界中に、所属事務所のタレント達のファンを増やして行っています。この点は、日本の芸能界がまだまだ肖像権、著作権云々と言っていて開放されていないのと、対照的です。正直、日本はこのネット世界に3歩は出遅れています。

と関係ない話をしてしまいましたが・・・。

とにかく、東方神起の再始動が始まりました。今日の配信映像で、まだ東方神起が5人だった時代に発売された、オールアバウト東方神起の中にあるカップルトークを思い出しました。

こうやって過去のカップルトークを見て、この2人の関係って全然変わってないんだなぁ~と改めて思いました。以前のカップルトークもグテグテ感が何とも言えない・・・心地よいカップルトークでした。(ファンは楽しいけど、一般人は何これ?何が面白いの?と思えるグデグデ感が・・・良いんです。)

この2人が、ソロコンサートをしないのは、どうしてなのか?なんとなく、分かったような気がします。もちろん、2人ともソロで歌手としての仕事が、出来る実力を持った2人です。しかし、ソロ活動は、ドラマやバラエティー番組、などの音楽以外の仕事に限ってしている。それが、彼らの拘りであり、東方神起と言うグループ音楽を守ることに徹したプロ根性なんだと思います。

東方神起と言う集合体を構築する上で、個を捨て、自我を捨て・・・だから、ユノとチャンミンのソロ曲は、お互いの得意分野で自由に歌う。その集合体での曲と、多くないソロの楽曲との良いバランスが、また東方神起の良さを引き立たせる。

彼らは、プロであり観衆が何も求めているかを見極めて、これから始まる東方神起完全体のステージを着々と準備しているんだろうと思うと、熱いものが込み上げて来ます。

何はともあれ、25日午後6時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど各音楽配信サイトから配信されるユノの「DROP」、28日午後6時に配信されるチャンミンの「旅程(In a Different Life)」お互いの個性を生かしたソロ曲であることは、間違いないと思います。

でも、この楽曲って日本やアメリカでも購入できるのかしら?

↓まだ「V LIVE」見れるみたいです。見忘れた方、是非見てください。

動画はTwitterとYOUTUBEからお借りしました。

동방신기 V앱 첫 방송! (TVXQ! 1st V LIVE)

次いでに、大昔のホミンカップルトークも一緒にご覧あれ!

[Vライブ]東方神起、ウィット話術Xフンフン友情輝いた(総合) ←こちらは、東方神起が話していた内容が日本語で読むことが出来ます。

Please follow and like us:
error